旧日記系はカタヨッタヒト日記に移します。
広告
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
ブログ内検索
プロフィール

工事マダ

Author:工事マダ
感想系と日記系でブログ分けることにしました。
やってることは昔と変わりませんけど(^_^;)
現在こちらではカテゴリの整理に努めています。
18ゲーム感想の評価点振り分けが完了しました。
次の作業は記事の移転
最悪記事はそのままということに…

FC2 Blog Ranking
全記事表示リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

神のラプソディ エウシュリー
神のラプソディ


ラウルバーシュ大陸の、西方と中原の境目に広がるクヴァルナ大平原。
ここは神々の盟約により、亜人間の領域として数千年にも及ぶ平穏と文化を築いていた。

ある時、平原南東部を管理する神に近き者 “神の戒土(かみのかいど)” は絶大なる力と知識を継承する者の育成を宣言し、近隣一帯に対して聖地 “終の御祠(ついのごし)” の門戸を開いた。
後継者候補には、これまで立ち入ることの認められなかった封鎖領域の探索や神の戒土が持つ能力の継承などの特権が与えられ、厳しい試練を乗り越えていくこととなる。
その呼び掛けに種族や宗教の枠組みを超えた若者たちが集結し、若き人間族の研究者・エルドも叡智と未知との遭遇を求めて故郷を後にした。
後継者はたった一人……。
名誉、叡智、力、富、故郷の期待を胸に、熾烈な競争が始まろうとしている……。



評価点40点(かなり評価甘いと思いますが)

かなり中途半端な出来のゲームでした。
システムは根幹の神力システムが外れた感じがします。
過去作からのシステムの発展系ですが、発展のさせ方が失敗した感じです。
MAP画面の見にくさから幻燐シリーズ劣り、召喚・帰還のシステム面で姫狩りシリーズに劣ります。
どちらかと言えば幻燐よりのシミュレーションRPGで展開した方が面白そうなゲームだっただけに少し残念でした。
ストーリーが悪くてもシステムさえ何とか出来てれば面白い作品になるエウシュリーゲームですが、そのシステムが好みじゃなかったので評価は低めです。(実際のところは30点以下でもいいかと思えるほどの駄作です)

根幹になった神力のシステムがことごとく期待を裏切った形になるんでしょう。
召喚による神力と技を使用するための神力が同じで、技を使用するよりも多数のユニットを出撃させた方が楽に展開できるシステムの為、思ったよりも行動に自由がない点がマイナス要素のメインでしょう。
その他にも1周目から単機での無双が可能なゲーム難易度(もちろん難易度普通ですが)
敵の20体撃破等の意味もなく同じステージを繰り返させるクエスト
全然やり込み要素の無い武器強化システム

強いていい点を上げればキャラの育成に経験値システムを採用しなかったことですかね?
結局はFF10のスフィア盤ですが、戦闘参加していなくても符を落とすキャラを撃破しない限りステータスの差が無いので全く使っていなかったキャラでも後半の任意キャラ撃破数クエストに支障がないことです。

5/6現在プレイ途中のレビューではありますが、概ね変更はなさそうな感じがします。
向こうでプレイ日記を展開中です。


いつも通りの予約限定のアペンド商法で売り上げ数だけは稼いだでしょう。
例年通りのゴールデンウィークに合わせた販売でも数稼げてますし、内容はどうでもいいんでしょうね(^_^;)
とりあえず登場キャラ増やして内容を薄っぺらにしても数で誤魔化す風潮が顕著に表れていましたね。
スポンサーサイト



2015/05/06 00:00 40~ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://koji2200.blog65.fc2.com/tb.php/2083-b0db68e9
ゲーム
★『真・恋姫†英雄譚 123+PLUS ~乙女艶乱☆三国志演義~』
ブログ解剖

blogram投票ボタン
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
591位
アクセスランキングを見る>>
ゲーム
★『GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~』
QRコード
QR